謎の白髭神社

不思議の古代史は、天孫降臨からさかのぼる超古代の歴史を対象としてきました。
記紀が記した神武天皇以降の有史とされる歴史では、既に多くの古代史家が取り組まれており、おそらく、誰かが既に真実の歴史を解明されているのではないかとタカを括っていたのですが…、
ありました!
神武天皇以降の、一応、有史とされている日本の歴史は、この歴史家の解明で事実を突いているのではないかと思います。

加治木義博・著書の「真説日本誕生」シリーズの数巻です。
邪馬壹国と邪馬臺国の謎、神武天皇と祟神天皇の謎、これが朝鮮半島の歴史と密接につながっている…。
http://ikuno.lolipop.jp/piramido/spot/book02/am01.htm#12

この本は鹿児島県付近をかなり細かく描いているので、とっつき難い面があり、ちょっと難しいです。
さきに、朝鮮半島と日本の歴史の繋がりを見ておくと、比較的、理解しやすくなります。
⇒下記、長浜浩明の「韓国人は何処から来たか」
http://ikuno.lolipop.jp/piramido/spot/book02/am01.htm#11

史書に書かれている歴史は、あなたのご存知の半島の歴史とは、まったく違います。
江上波夫の騎馬民族王朝説は、史書の裏づけのない、まったくのデタラメだったことが分かります。
長浜浩明の本は、分かりやすく書かれています。
全体は三国史記(韓国高麗の史書)を元として書かれています。
ーが、ちょっと偏った思想の部分もあるようですので、その点は注意して読むこと。
たとえば、檀君神話の熊女を「動物の熊」のように捉えていますが、これは「クルの国の女」という意味で「神の国の女神」という意味ー。

そして、この二人の作者の歴史から解明を進めていくと、
高橋良典氏の描いたカラ族の歴史につながってきます。
http://ikuno.lolipop.jp/piramido/spot/book02/am01.htm#14
神代の残像の五巻をお持ちの方…、
第四章・蘇える古代都市から、この265ページですが、
ここに、スサダミコが世界の16方位に置いた古代都市が記されていますが、
この、朝鮮半島に置かれた王…ですね。

これを、加治木義博氏の「半島と日本の関係」から初めて気がついたのですが…、
これがそのまま、日本に神社として存在していたのです。
下記、白髭神社です。
http://hach8.web.fc2.com/jinjya/01aga/01himeji-east/02shigo/03shjrohige02/03shjrohige02.htm

この辺りは、播磨風土記で半島の新羅からやって来た氏族の郷で美嚢の郷と記された所ですが、この神社の近くにあるのが、新羅神社
http://hach8.web.fc2.com/jinjya/01aga/01himeji-east/02shigo/01shiragi/01shiragi.htm

三十八神社などとおなじく、一見、奇妙で歴史とまったく関係のないように見えるモノにこそ、古代の秘密が隠されているようです。
この全体からは、古事記と日本書紀が歴史を隠したように見える理由が分かってきます。
--------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by nami3291 | 2014-10-27 08:13 | ●神代の歴史