兵庫県南部の連番地名ー?

兵庫南部の東西の縦貫道路に沿って連番地名らしきものが存在してます。
発音は「××くさ」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最も東から、
井の草(いのくさ)・・兵庫県三田市井ノ草・播磨富士の北。

三草(みぐさ)・・兵庫県加東郡社町上三草
        兵庫県加東郡社町・三草山

f0231674_13411033.jpg



地図をクリックすると拡大します。

西へ下って、
七種(なぐさ)・・兵庫県姫路市福崎町七種
八千種(やちくさ)・・神崎郡福崎町八千種

さらに、漢字表記が異なる、
神種(このくさ)・・姫路市(旧・飾磨郡)夢前町。
         本来は、「九種」ではなかったかー。

さらに西へ下って、
徳久(とくさ)・・兵庫県佐用郡佐用町下徳久(しもとくさ)
        兵庫県佐用郡佐用町東徳久 (ひがしとくさ)
        徳久村(兵庫県中西部・西播磨地区に存在していた佐用郡の村)
        この地名は、本来「十種」と表記されるべきではなかったか。
f0231674_13394988.jpg



地図をクリックすると拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種と草は同義語で「種族」という意味を持ちます。
これが十番地名なら、二・四・五・六が抜け落ちていますが・・。

では、このような地名が存在しないのかというと、大分県に六種があります。
六種(むぐさ)・・大分県豊後大野市清川町六種(むぐさ)

ほかの二種・四種・五種は発見できないが、存在する可能性がありますね。
小字地名・山岳地名などの局部に残っているか、または、異なった発音に転訛しているかも知れません。

推定、「ふくさ」「よぐさ」「いぐさ」「むぐさ」と発音する地名ということになります。
表記の文字は変わっているかもしれないし、発音のみで文字は無いかも知れません。

ありそうな漢字を当てて検索すると、「ふくさ」がある。
青森県南津軽郡藤崎町水木福種

「ふくさ・ふぐさ」は加東郡から東にー、
「よぐさ」「いぐさ」「むぐさ」は、加西市に存在する可能性があることになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※しかし、10ヵ所の連番地名は存在したら、その方が不自然で、おかしいのですよね。
その理由は・・・。



[PR]
by nami3291 | 2010-04-01 10:42 | ●奇妙な連番地名?