風の名前の連番地名!

この連番地名は、誰も気づいていない。
現在の言葉に残っていない言葉の地名である。

だから、言葉の意味も分らないし、従って、各地で伝承されている地名伝承も全て嘘っぱち・・。しかし、地名を聞けば「ああ」と思い当たる方もあるだろう。

その地名には、下記のようなものがある。
古瀬(こぜ)、小瀬(こぜ)
奈瀬(なぜ)、名瀬(なぜ)
馬瀬(まぜ)、間瀬(まぜ)・・などの地名である。

これが何故、風と関係しているのか・・、とても結びつかないと思う。
これらの漢字は全て「当て字」だからだ。
つまり、「こぜ・なぜ・まぜ」と発音していたものにそれぞれの地域でそれぞれの漢字が当てられた。それによって、まったく関連のない言葉・地名となって伝承された結果なのである。

この中のひとつが映画のタイトルになっている。
二〇〇五年・蟹江敬三主演の映画のタイトルは「MAZE マゼ」。
高知県香美郡夜須町手結港を中心に描かれた漁師の物語である。

マゼとは「南風」の意味で、高知県の田野浦・室戸・高知などの漁師の間で現在も使われているのだ。高知市民図書館に拠れば、マゼとは南から吹く温暖なやわらかい風で、この言葉は四国・九州に広く分布している、としている。

さらに・・、
アナゼは「北西の風」の意味で、室戸などで使われている。
ヤマゼは「南西の風」の意味で大月で、さらに、ヤマセと転訛して室戸では「北北西の風」になり、ヤマジと転訛して宿毛では「北東の風」になっている。
マゼは、マジ(南風)と転訛して土佐清水・宿毛市弘瀬に残り、さらに、アマジラと転訛して、大方町田野浦で春の西南風を指す言葉として残っている。
つまり、これらは地域の方言として現在に伝わっていたのだ。

この高知・宮崎に残っているマゼ(南風)・アナゼ(北西の風)・ヤマゼ(南西の風)には抜け落ちがあった。この言葉には、東西南北八方位すべての言葉が存在していたのである。
それを記しているのが「竹内文献」である。

それは竹内文献・不合朝三代の項に記されている。
コゼ・・・・・東風  イコゼ・・・・東南の間の風 
マゼ・・・・・南風  ヤマゼ・・・・南西間の風
ナゼ・・・・・西風  アナゼ・・・・西北間の風 
ヨゼ・・・・・北風  コヨゼ・・・・北東間の風

兵庫県市川町にこの風地名が残っている。
ただし、市川町での地名は山間部の伝承地名で地図には載っていない。
現在、小字地名は正確に管理されていない市町村もあり、地元でも確認できない場所もある。
f0231674_15482387.jpg




※アマジは、マゼ(南風)がマジと転訛し、さらに、アマジと転訛したと思われる。
(上記、高知の風地名を参照)
この地名配置を見れば、この地名が付いた時の中心が何処にあったのかが推定できるだろう。


日本の各所にこの風地名が存在していたのだ。
そして、漢字の伝来でこれらの発音に漢字が当てられていった。
それが残っているのが下記の地域である。

●古瀬(こぜ)、
兵庫県姫路市夢前町古瀬畑。
●小瀬(こぜ)
新潟県新潟市西区小瀬。 
●コゼ
愛知県豊田市松平志賀町コゼ。・・・ここでは、発音のまま残っている。
●古世(こぜ)
京都府亀岡市北古世町

●奈瀬(なぜ)、
京都府綾部市戸奈瀬町。
●名瀬(なぜ)
神奈川県横浜市戸塚区名瀬町。 
鹿児島県奄美市名瀬佐大熊町(旧・鹿児島県名瀬市)。
鹿児島県奄美市名瀬(旧・鹿児島県名瀬市)。
兵庫県朝来市山東町矢名瀬町。
三重県松阪市松名瀬町。

●馬瀬(まぜ)、
岐阜県下呂市馬瀬。 
大阪府泉北郡忠岡町馬瀬。 
兵庫県加東市馬瀬。
三重県伊勢市馬瀬町。
●間瀬(まぜ)
長崎県西海市大島町間瀬。 
埼玉県秩父郡長瀞町間瀬峠。

●余瀬(よぜ)
栃木県大田原市余瀬
宮崎県日向市余瀬
岡山県苫田郡鏡野町奥津川西・余瀬ヶ城跡
・ヨゼがセヨに変化したものか?
鹿児島県南九州市知覧町瀬世

●山瀬(やませ)
秋田県大館市山瀬・山瀬ダム(やませだむ)
静岡県富士市入山瀬(いりやませ)
静岡県掛川市入山瀬(いりやませ)
山口県下関市西山瀬(にしやませ)・東山瀬(ひがしやませ)
山口県美祢市奥山瀬(おくやませ)・里山瀬(さとやませ)
高知県高岡郡佐川町山瀬(やませ) 
高知県高岡郡四万十町山瀬(やませ)
福岡県嘉麻市山瀬川(やませがわ)
佐賀県唐津市下山瀬(しもやませ)
佐賀県唐津市上山瀬(かみやませ)
佐賀県唐津市浜玉町山瀬(やませ)
長崎県五島市犬山瀬(いぬやまぜ)
長崎県西海市勘山瀬(かんざんせ)
熊本県下益城郡美里町山瀬(やませ)
宮崎県日南市戸高山瀬(とだかやませ)・星倉山瀬(ほしくらやませ)
宮崎県延岡市山瀬(やませ)
宮崎県東臼杵郡諸塚村山瀬(やませ)山瀬橋(やませばし)
宮崎県東臼杵郡美郷町山瀬(やませ)山瀬川(やませがわ)
●山背(やませ)
石川県加賀市・山代温泉・山背台(ヤマセダイ)
岡山県津山市・山背(やばせ)

京都の旧国名は山城国だが、山背国とも呼ばれている。
当時の都だった奈良から見て、山の背にあったからだと云われているが・・、
これが漢字以前の地名なら、「ヤマゼ」の国、つまり、南西の国と云うことになる。
どこから見て南西だったのか。
京都の北東にあって古代の中心地らしい所は、「飛騨」なのだがー。

●穴瀬(あなぜ)
愛知県豊川市平井町穴瀬
愛知県宝飯郡小坂井町平井穴瀬
大分県 豊後高田市穴瀬横穴古墳群
この他に、
●アナセ(北西の風)に「阿成」を充てた兵庫県姫路市飾磨区阿成、などがある。

上記地名は多くが広域地名になっているが、元は小字地名だったと思う。
その付近の小字地名に関連する風地名が残っている可能性は十分ある。

関連リンク⇒竹内文献の検証
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここで上げている地名は広域地名です。
大字・小字での地名が残っている所が多くあるのではないかと思います。お心当たりの方はご一報ください。




[PR]
# by nami3291 | 2010-04-01 15:49 | ●奇妙な連番地名?

兵庫南部の東西の縦貫道路に沿って連番地名らしきものが存在してます。
発音は「××くさ」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最も東から、
井の草(いのくさ)・・兵庫県三田市井ノ草・播磨富士の北。

三草(みぐさ)・・兵庫県加東郡社町上三草
        兵庫県加東郡社町・三草山

f0231674_13411033.jpg



地図をクリックすると拡大します。

西へ下って、
七種(なぐさ)・・兵庫県姫路市福崎町七種
八千種(やちくさ)・・神崎郡福崎町八千種

さらに、漢字表記が異なる、
神種(このくさ)・・姫路市(旧・飾磨郡)夢前町。
         本来は、「九種」ではなかったかー。

さらに西へ下って、
徳久(とくさ)・・兵庫県佐用郡佐用町下徳久(しもとくさ)
        兵庫県佐用郡佐用町東徳久 (ひがしとくさ)
        徳久村(兵庫県中西部・西播磨地区に存在していた佐用郡の村)
        この地名は、本来「十種」と表記されるべきではなかったか。
f0231674_13394988.jpg



地図をクリックすると拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種と草は同義語で「種族」という意味を持ちます。
これが十番地名なら、二・四・五・六が抜け落ちていますが・・。

では、このような地名が存在しないのかというと、大分県に六種があります。
六種(むぐさ)・・大分県豊後大野市清川町六種(むぐさ)

ほかの二種・四種・五種は発見できないが、存在する可能性がありますね。
小字地名・山岳地名などの局部に残っているか、または、異なった発音に転訛しているかも知れません。

推定、「ふくさ」「よぐさ」「いぐさ」「むぐさ」と発音する地名ということになります。
表記の文字は変わっているかもしれないし、発音のみで文字は無いかも知れません。

ありそうな漢字を当てて検索すると、「ふくさ」がある。
青森県南津軽郡藤崎町水木福種

「ふくさ・ふぐさ」は加東郡から東にー、
「よぐさ」「いぐさ」「むぐさ」は、加西市に存在する可能性があることになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※しかし、10ヵ所の連番地名は存在したら、その方が不自然で、おかしいのですよね。
その理由は・・・。



[PR]
# by nami3291 | 2010-04-01 10:42 | ●奇妙な連番地名?


青森ー岩手県の局部に存在する有名な連番地名です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
f0231674_130477.jpg
一戸(いちのへ)岩手県二戸郡一戸町

二戸(にのへ)岩手県二戸市

三戸(さんのへ)青森県三戸郡三戸町

四戸(しのへ)・・・現存しない。
「四戸」は、語呂合わせから忌避されて居るらしく見当たりませんが、
三戸町と五戸町の間の現在の浅水付近にあったといわれる。
一説では、五戸町の「志戸岸」地区が多分「四戸」らしいというが、城の名前に残っている。
岩手県二戸市金田一字館・四戸城(別名を金田一城)。

五戸(ごのへ)青森県三戸郡五戸町(ごのへまち)

六戸(ろくのへ)青森県上北郡六戸町

七戸(しちのへ)青森県上北郡七戸町七戸

八戸(はちのへ)岩手県八戸市

九戸(くのへ)岩手県九戸郡(くのへぐん)九戸村(くのへむら)

十戸(じゅうのへ)・・・現存しない。
「遠野物語」で有名な遠野村が、昔は十戸(とおのへ)と言っていたらしい。
(岩手県遠野市附馬牛町)

f0231674_1323927.jpg

そのほかに、兵庫県に「十戸」地名が存在する。
ただしコチラは、「じゅうのへ」とは読まないがー。
十戸(じゅうご)兵庫県豊岡市日高町十戸(じゅうご)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
青森ー岩手県の連番地名付近に「戸来村」があった。
(合併で、青森県三戸郡新郷村の一部になっている)

この村に「キリストの墓」伝承があり、これらの連番地名が「失われた十支族」の村ではないかとも云われる。⇒
青森・キリストの墓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆一説に数字の読みで、
「いち」「にー」「さん」「しー」は漢字読み、
「ひー」「ふー」「みー」「よー」がヘブライ読みと云われる。
ここでは、「いちのへ」と読む漢字読みの点から、これらの地名は、日本で漢字が使用されて以降に付けられた地名だろうかー。

しかし、「失われた十支族」は、全ての部族がやって来た訳ではない。来なかった部族があります。
この分までの集落があるのも・・、やはり、おかしいですね。





[PR]
# by nami3291 | 2010-04-01 09:32 | ●奇妙な連番地名?

奇妙な事実?・・のようです。
ふとしたことから、おもしろい事に気づきました。
「×が」と発音する地名が、あいうえお行以下、全てに存在するのではないでしょうか。

たとえば・・・、
英賀(あが)、伊賀(いが)、宇賀(うが)、恵我(えが)、男鹿(おが)・・・です。
ほかにもよく知っている地名がありますね。
加賀、佐賀、滋賀、須賀・・など。

これはおかしいな・・と、順に調べてみることにしました。
以下に、「あ行」から順番に「×が」地名を並べてみました。
日本列島のどの範囲にまで広がっているのでしょうか。
多くは広域地名ですが、おそらく、小字地名にもあるのではないかとも思います。
あるいはこれらの地名は、「連番地名」ではないでしょうか。

あいうえお順の最後の方では発見できていない地名もあります。
ご存知の方、教えてください。

◆奇妙な連番地名
【あ行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=あが=
英賀(兵庫県姫路市飾磨区英賀)
阿賀(新潟県東蒲原郡阿賀町)
阿賀(広島県呉市阿賀)

=いが=
伊賀(三重県伊賀市

=うが=
宇賀(島根県宇賀荘町)、
有賀(宮城県原市若柳有賀・御賀八幡神社
有賀(原市若柳有賀字八幡・御賀八幡神社

=えが=
恵我(会賀・餌香・恵賀・衛我とも書かれ、餌香川や餌香市・会賀市(えかのいち)として『日本書紀』にも出てくる古くからの名称で、飛鳥時代から奈良時代にかけて栄えた。市とは市場の市(いち)。所在地は確定できないが、現在の大阪府藤井寺市国府の大和川と石川(餌香川)の合流点付近にあったとされる)


=おが=
男鹿(秋田県男鹿市ー男鹿半島)

男鹿(栃木県日光市・男鹿川《おじかがわ》
男鹿(栃木県那須塩原市・男鹿岳《おじかだけ》
男鹿(長野県長野市・男鹿沢《おじかさわ》
男鹿(兵庫県姫路市家島では、男鹿《たんが》 島)
男鹿(島根県松江市男鹿《おしし》)
男鹿(広島県世羅郡世羅町男鹿《おじか》)
男鹿(山口県阿武郡阿武町男鹿島《おとこかしま》)
男鹿(長崎県南松浦郡新上五島町男鹿島《おとかじま》)

【か行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=かが=
加賀(石川県加賀市)
=きが=
木賀(神奈川県足柄下郡箱根町木賀)
=くが=
久賀(山口県大島郡周防大島町ー旧久賀町)
=けが=
毛賀(長野県飯田市毛賀)

=こが=
古賀(熊本県水俣市古賀町)
甲賀(滋賀県甲賀市(こうかし)

【さ行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=さが=
佐賀(佐賀県)
嵯峨(京都府京都市右京区嵯峨)
=しが=
滋賀(滋賀県)
志賀(長野県下高井郡山ノ内町志賀高原蓮池)
志賀(石川県羽咋郡志賀町(しかまち)
志賀(愛知県名古屋市北区志賀町
四賀(長野県東筑摩郡四賀村(しがむら)・・かつて長野県中部に存在した村
=すが=
須賀(愛知県美和町蜂須賀、羽島市正木町須賀、岐阜県平田町須賀)
=せが=
瀬加(せかー兵庫県・風土記に、勢賀と記される)
=そが=
曽我(神奈川県小田原市曽我光海)

【た行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=たが=
多賀(静岡県熱海市多賀)
多賀(京都府綴喜郡井手町多賀東北河原)
多賀(青森県八戸市多賀台)

=ちが=
千賀(宮城県塩竈市千賀の台)
=つが=
都賀(栃木県下都賀郡都賀町)
=てが=
手賀(岐阜県手賀野)
=とが=
利賀(富山県南砺市利賀村)

【な行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
=なが=
名鹿(高知県四万十市名鹿・名鹿の浜)
那賀(徳島県那賀町)
那賀(静岡県にかつて存在した郡「那賀郡」
那賀(和歌山県にかつて存在した郡「那賀郡」
那賀(島根県にかつて存在した郡「那賀郡」
那賀(徳島県那賀郡)

=にが=
仁賀(広島県竹原市仁賀町

=ぬが=※ヌノガ、又は、フガ・フカかもしれない。
布賀(岡山県川上郡布賀村

=ねが=・・地名はないが施設名はある。
根賀
値賀(佐賀県東松浦郡玄海町ー値賀小学校・値賀駅・・これは「ちか」と読むらしい。
値賀(長崎県大村市・小値賀空港

=のが=
野鹿(徳島県山城町の野鹿池山
野鹿(福井県大飯郡おおい町野鹿の滝)
野賀(広島県豊田郡大崎上島町沖浦・野賀海水浴場
野賀(京都府南丹市美山町高野野賀

【は行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=はが=
波賀(兵庫県中西部にかつて存在した波賀町(はがちょう)
羽賀(栃木県鹿沼市・羽賀場山

=ひが=・・・※人名はあるが地名はない。

=ふが=
布賀(岡山県布賀(ふか)
布賀(岡山県高梁市備中町布賀(ふか)

=へが=・・・※人名・施設名・地名ともなし。

=ほが=・・・※人名はあるが地名はない。

【ま行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=まが=
間賀(鳥取県西伯郡伯耆町(旧溝口町)福岡・間賀の滝
間鹿(大分県佐伯市本匠大字堂ノ間鹿淵

=みが=・・・※人名はあるが地名はない。

=むが=・・・※人名はあるが地名はない。

=めが=
女鹿(青森県青森市女鹿沢(めがさわ)  
女鹿(青森県青森市浪岡女鹿沢(めがさわ)
女鹿(岩手県二戸郡一戸町下女鹿沢(しもめがさわ)・女鹿(めが)・女鹿舘 めがだて)・女鹿口(めがぐち)・上女鹿(かみめが)・上女鹿沢(かみめがさわ)・女鹿川(めががわ)
女鹿(山形県飽海郡遊佐町女鹿(めが)
女鹿(栃木県大田原市女鹿子島(めかごじま)
女鹿(埼玉県比企郡ときがわ町女鹿岩(めがいわ)
女鹿(広島県廿日市市女鹿平山(めがひらやま)・山県郡北広島町女鹿原(めがわら)・女鹿原川(めがわらがわ)・世羅郡世羅町女鹿山(めじかやま)
女鹿(山口県阿武郡阿武町女鹿島(おんなかしま)
女鹿(福岡県八女郡矢部村女鹿野(めじかの)
女鹿(長崎県平戸市女鹿(めが)・女鹿女鹿崎(めがざき)
女鹿(熊本県上天草市女鹿串(めがのくし)

妻鹿(兵庫県姫路市飾磨区妻鹿(めが)

=もが=
茂賀(滋賀県彦根市賀田山町茂賀


【や行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=やが=
矢賀(広島県広島市東区矢賀
家賀(徳島県美馬郡つるぎ町貞光字家賀道上

=ゆが=※神社名はあるが地名がない。
油賀(岡山県岡山市南区・油賀神社
由賀(坂出市林田町・由賀神社

=よが=
与賀(佐賀県佐賀市与賀町

【ら行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
=らが=
=りが=
=るが=
=れが=
=ろが=

【わ行】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=わが=
和賀(岩手県和賀郡
和賀(岩手県西和賀町

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらに、この連番地名の続きではないかと思われる地名がひとつ、

=あわが=
粟賀(あわが)
兵庫県神崎郡神河町粟賀
粟鹿(あわが)
兵庫県朝来市山東町粟鹿
兵庫県朝来市・粟鹿山
兵庫県朝来市・粟鹿神社

最初の「あ」と最後の「わ」を並べた地名で、これが最終の連番地名という意思表示のようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この一覧表からだけ見ると、連番地名の北限は青森県の南部あたりで、南限が九州の大分県あたりだが、未発見があると思われるので、ここでは断言できない。
小字地名になっている場合、異なった漢字の地名もあると思われる。



[PR]
# by nami3291 | 2010-03-29 14:41 | ●奇妙な連番地名?